Home > 垣根涼介 > 垣根涼介 月は怒らない

垣根涼介 月は怒らない

  • Posted by: msn@ztn
  • 2011-09-02 Fri 01:07:14
  • 垣根涼介
iphone_20110901235742.jpg

最初の構成、目的、展開がわからんくて、
ただ垣根さんだからと読み進めてみた
最後になにかあるんだろうと

ただまーそのまま微妙な感じで終盤へ

ラストも意外とあっさり

ドキドキが少ない
どこに見所あるかわからない
良かったトコ見出せない

哲学めいたとこが結構あったな
その辺かな?
少しだけ新たな知識として吸収できたのは

違和感は三谷恭子視点がないとこか
一応主題になった章でのおじいさんと会話もも、違う誰かの目を通してのような
もしくはおじいさんからの目線

脇役とゆーか主役の3人の話も重み足りない

 (1)おススメ度 : 3点  
 (2)ストーリー : 5点  
 (3)キャラクター: 6点  
 (4)ラストシーン: 7点  
 (5)感動    : 5点  
 (6)斬新さ   : 6点  
 (7)読み易さ  : 9点  
 (8)テンポの良さ: 8点  
 (9)読書後印象 : 3点  
 (10)デザイン  : 5点  

57

内容紹介
梶原33歳●仕事は多重債務者の借財の整理。謄本の代理人申請のために訪れた市役所の戸籍係の女を一目見た瞬間、声を失った。弘樹20歳●バーで女がチンピラに絡まれて目の前で転んだ。助け起こした瞬間、女の顔に釘付けになった。和田34歳●勤務先の交番の前の市役所に自転車で通う女。既婚者のくせに俺はいつもその女を探している――。化粧もしない。服も地味。美人でもないその女・恭子に3人の男たちは、どうしようもなく魅かれていく。一方恭子は男たちの求愛を受け、3人と付き合い始める。接点のない3人だが、それぞれに思う、恭子は不思議な女だ。決してモノを欲しがらない。故郷や家族のことは話さない。会っている時間以外のことは未知。でも魅かれる。理由は何だ、いったいこの女の過去には何があるのか……。3人の男たちの視点を通して、恭子というなぞの女の正体が焙り出されていく。人と人との繋がりの意味を問う著者渾身の挑戦作

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 1

TrackBack URL for this entry
http://zatunen.blog.fc2.com/tb.php/1462-6a32643f
Listed below are links to weblogs that reference
垣根涼介 月は怒らない from InnocentWorld~雑念
Trackback from 粋な提案 2013-01-29 Tue 11:53:06

「月は怒らない」垣根涼介

梶原33歳●仕事は多重債務者の借財の整理。謄本の代理人申請のために訪れた市役所の戸籍係の女を一目見た瞬間、声を失った。弘樹20歳●バーで女がチンピラに絡まれて目の前で転... (more…)

Home > 垣根涼介 > 垣根涼介 月は怒らない

Trackbacks
Feeds
Login

読書メーター
msnさんの読書メーター
 
Categories

Return to page top