Home > 桜木紫乃 > 桜木紫乃 それを愛とは呼ばず

桜木紫乃 それを愛とは呼ばず

  • Posted by: msn@ztn
  • 2016-04-16 Sat 22:29:45
  • 桜木紫乃



なんか女性向けな内容かな
ずっと亮介目線で見てたからラストは少しだけ、え?って展開だった
急にくるかみたいな

だからそれまでは結構面白かったな
でもいやな予想の裏切られ方じゃない

 (1)おススメ度 : 7点  
 (2)ストーリー : 8点  
 (3)キャラクター: 7点  
 (4)ラストシーン: 7点  
 (5)感動    : 5点  
 (6)斬新さ   : 7点  
 (7)読み易さ  :10点  
 (8)テンポの良さ: 8点  
 (9)読書後印象 : 5点  
 (10)デザイン  : 8点  

72



内容紹介

妻を失い故郷を追われた男。夢を失い東京に捨てられた女。交わるはずのない二人が出会ったとき、運命の輪が大きく軋み始めるーー。

「いざわコーポレーション」の社長であり、10歳年上の妻である章子が、64歳の誕生日の夜、交通事故にあった。意識不明のまま眠り続ける妻の他、社内に人脈を持たぬ亮介は、会社から、そして新潟から追われる。新たな職を得た記念に訪れた銀座のグランドキャバレーで、席についた紗希もまた、その日、19歳で上京してから10年目、タレント事務所からクビを宣告されたのだった。寄る辺ない心を抱えながら出会った二人は、微かに互いを意識しながら別れる。ひと夏に6戸の販売目標を与えられた北海道のリゾートマンションで亮介が目にしたのは、廃墟同然の新古物件だった。絶望感にかられる亮介を追って、東京から紗希がやってくるーー。実に1年半ぶり、直木賞受賞後初の長編は、まさに桜木ワールドの真骨頂! 誰もが懸命に生きているだけ。悪い人がいるわけではないのに、それぞれが報われない。切なさと、最初から流れているどうにも逃げられない不穏な空気……。そして最後に用意された、度肝を抜かれるラスト……! 緊迫感と圧倒的なドライブ感で駆け抜ける、最高傑作!

内容(「BOOK」データベースより)

妻を失い、仕事を奪われ、故郷を追われた54歳の経営者。夢を失い、東京に敗れた29歳のタレント。そしてふたりは、出会ってしまった。狂気を孕んでゆく女の純粋は、男を搦めとり、その果てに―。想像の範疇をはるかに超えるこのラストを、あなたは受け止められるか?桜木紫乃、最高傑作。



Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://zatunen.blog.fc2.com/tb.php/3035-f38f924a
Listed below are links to weblogs that reference
桜木紫乃 それを愛とは呼ばず from InnocentWorld~雑念

Home > 桜木紫乃 > 桜木紫乃 それを愛とは呼ばず

Trackbacks
Feeds
Login

読書メーター
msnさんの読書メーター
 
Categories

Return to page top