Home > 池井戸潤 > 池井戸潤 下町ロケット2 ガウディ計画

池井戸潤 下町ロケット2 ガウディ計画

  • Posted by: msn@ztn
  • 2016-07-09 Sat 17:11:38
  • 池井戸潤


前も書いたかもしれんけど、
敵つくるのが巧いなー
嫌な奴すぎて、どーしても主人公側に感情移入しちゃう
そこでまず引き込まれてる

それでも、敵の中にも最終的にはそこまで悪い人はいないんだよって
戻してくるとこもまた優しさというか、後味の悪さを消してるね
全員じゃないけど

中小企業でここまでの技術力とプライドもった会社なんて
実際にはすげぇ少ないだろうけど、似たような立場の人たちからしたら
勇気もらえるし、
自分たちもこうなれるよう頑張りたいと思っちゃうね


 (1)おススメ度 : 9点  
 (2)ストーリー : 9点  
 (3)キャラクター:10点  
 (4)ラストシーン: 9点  
 (5)感動    : 6点  
 (6)斬新さ   : 5点  
 (7)読み易さ  :10点  
 (8)テンポの良さ: 8点  
 (9)読書後印象 : 6点  
 (10)デザイン  : 5点  

77



内容紹介

直木賞受賞作に待望の続編登場!

その部品があるから救われる命がある。
ロケットから人体へ――。佃製作所の新たな挑戦!

ロケットエンジンのバルブシステムの開発により、倒産の危機を切り抜けてから数年――。
大田区の町工場・佃製作所は、またしてもピンチに陥っていた。
量産を約束したはずの取引は試作品段階で打ち切られ、ロケットエンジンの開発では、
NASA出身の社長が率いるライバル企業とのコンペの話が持ち上がる。
そんな時、社長・佃航平の元にかつての部下から、ある医療機器の開発依頼が持ち込まれた。
「ガウディ」と呼ばれるその医療機器が完成すれば、多くの心臓病患者を救うことができるという。
しかし、実用化まで長い時間と多大なコストを要する医療機器の開発は、中小企業である佃製作所に
とってあまりにもリスクが大きい。苦悩の末に佃が出した決断は・・・・・・。
医療界に蔓延る様々な問題点や、地位や名誉に群がる者たちの妨害が立ち塞がるなか、佃製作所の新たな挑戦が始まった。

日本中に夢と希望と勇気をもたらし、直木賞も受賞した前作から5年。
遂に待望の続編登場!



内容(「BOOK」データベースより)

ロケットから人体へ―佃製作所の新たな挑戦!前作から5年。ふたたび日本に夢と希望と勇気をもたらすエンターテインメント長編!!




Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://zatunen.blog.fc2.com/tb.php/3045-361bccee
Listed below are links to weblogs that reference
池井戸潤 下町ロケット2 ガウディ計画 from InnocentWorld~雑念

Home > 池井戸潤 > 池井戸潤 下町ロケット2 ガウディ計画

Trackbacks
Feeds
Login

読書メーター
msnさんの読書メーター
 
Categories

Return to page top