Home > 百田尚樹 > 百田尚樹 カエルの楽園

百田尚樹 カエルの楽園

  • Posted by: msn@ztn
  • 2016-11-06 Sun 22:04:58
  • 百田尚樹


今の日本の外交面での政治状況をカエルに置き換えて
まるまんまストーリー作った話
物語としては面白くないけど、
勘違いしている日本人は読めって感じ

義務教育で国語か社会の教科書にした方がいいぐらいだな

 (1)おススメ度 : 4点  
 (2)ストーリー : 4点  
 (3)キャラクター: 4点  
 (4)ラストシーン: 7点  
 (5)感動    : 1点  
 (6)斬新さ   : 6点  
 (7)読み易さ  : 8点  
 (8)テンポの良さ: 8点  
 (9)読書後印象 :10点  
 (10)デザイン  : 5点  

57




内容紹介

最大の悲劇は、良心的な愚かさによってもたらされる。
ベストセラー作家が全力で挑んだ、衝撃の問題作。

安住の地を求めて旅に出たアマガエルのソクラテスとロベルトは、豊かで平和な国「ナパージュ」に辿り着く。
そこでは心優しいツチガエルたちが、奇妙な戒律を守って暮らしていた。
だがある日、平穏な国を揺るがす大事件が起こる――。

著者自らが「私の最高傑作」と断言。
大衆社会の本質を衝いた、G・オーウェル以来の寓話的「警世の書」。

内容(「BOOK」データベースより)

安住の地を求めて旅に出たアマガエルのソクラテスとロベルトは、平和で豊かな国「ナパージュ」にたどり着く。そこでは心優しいツチガエルたちが、奇妙な戒律を守り穏やかに暮らしていた。ある事件が起こるまでは―。平和とは何か。愚かなのは誰か。大衆社会の本質を衝いた、寓話的「警世の書」。




Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://zatunen.blog.fc2.com/tb.php/3074-b393a081
Listed below are links to weblogs that reference
百田尚樹 カエルの楽園 from InnocentWorld~雑念

Home > 百田尚樹 > 百田尚樹 カエルの楽園

Trackbacks
Feeds
Login

読書メーター
msnさんの読書メーター
 
Categories

Return to page top