Home > その他作家 > 又吉直樹 劇場

又吉直樹 劇場




恋愛小説だったんだ
読み終わってから説明文読んで納得したわ

芸人とかいう先入観でどうしても読まさるけど
構成とか文章力とかもう普通の作家以上だね
流石賞取るだけの力ある

面白いと思うけど
ただ個人的には好きなジャンルじゃないし
感じでもなかった
どうしても又吉フィードバックしちゃうのも
不利だよね
しょうがないけどかわいそうな面もある

 (1)おススメ度 : 6点  
 (2)ストーリー : 8点  
 (3)キャラクター:10点  
 (4)ラストシーン: 6点  
 (5)感動    : 5点  
 (6)斬新さ   : 7点  
 (7)読み易さ  : 7点  
 (8)テンポの良さ: 7点  
 (9)読書後印象 : 7点  
 (10)デザイン  : 5点  

68



内容紹介

一番 会いたい人に会いに行く。
こんな当たり前のことが、なんでできへんかったんやろな。

演劇を通して世界に立ち向かう永田と、その恋人の沙希。
夢を抱いてやってきた東京で、ふたりは出会った――。

『火花』より先に書き始めていた又吉直樹の作家としての原点にして、
書かずにはいられなかった、たったひとつの不器用な恋。

夢と現実のはざまでもがきながら、
かけがえのない大切な誰かを想う、
切なくも胸にせまる恋愛小説。



Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://zatunen.blog.fc2.com/tb.php/3404-e6a7d717
Listed below are links to weblogs that reference
又吉直樹 劇場 from InnocentWorld~雑念

Home > その他作家 > 又吉直樹 劇場

Trackbacks
Feeds
Login

読書メーター
msnさんの読書メーター
 
Categories

Return to page top