Home > 桐野夏生 > 桐野夏生 デンジャラス

桐野夏生 デンジャラス

  • Posted by: msn@ztn
  • 2020-01-27 Mon 20:23:55
  • 桐野夏生

ラストなんかぬるっとして終わったな
桐野さんらしくない切れ味

スパっとやってほしかったから期待外れだけど

谷崎潤一郎ネガティブキャンペーンじゃね?
今まで読んだことないけど、
昔の作家ってなぜか読む気にならない。。。
凄いんだろうけどなぁ


 (1)おススメ度 : 5点  
 (2)ストーリー : 7点  
 (3)キャラクター:10点  
 (4)ラストシーン: 6点  
 (5)感動    : 5点  
 (6)斬新さ   : 7点  
 (7)読み易さ  : 6点  
 (8)テンポの良さ: 6点  
 (9)読書後印象 : 6点  
 (10)デザイン  : 8点  

66




内容紹介

君臨する男。
寵愛される女たち。

「重ちゃん、ずっと一緒にいてください。死ぬときも一緒です。僕はあなたが好きです。あなたのためには、すべてを擲つ覚悟があります」兄さんはそのまま書斎の方に向かって歩いて行ってしまわれました。
その背中を見送っていた私は思わず目を背けたのです。これ以上、眺めていてはいけない。
そう自戒したのです。(本書より抜粋)

文豪が築き上げた理想の〈家族帝国〉と、そこで繰り広げられる妖しい四角関係――

日本文学史上もっとも貪欲で危険な文豪・谷崎潤一郎。
人間の深淵を見つめ続ける桐野夏生が、燃えさかる作家の「業」に焦点をあて、新たな小説へと昇華させる。
内容(「BOOK」データベースより)

君臨する男。寵愛される女たち。文豪が築き上げた理想の“家族帝国”と、そこで繰り広げられる妖しい四角関係―日本文学史上もっとも貪欲で危険な文豪・谷崎潤一郎。人間の深淵を見つめ続ける桐野夏生が、燃えさかる作家の「業」に焦点をあて、新たな小説へと昇華させる。


Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://zatunen.blog.fc2.com/tb.php/3651-bf1c8824
Listed below are links to weblogs that reference
桐野夏生 デンジャラス from InnocentWorld~雑念

Home > 桐野夏生 > 桐野夏生 デンジャラス

Trackbacks
Feeds
Login

読書メーター
msnさんの読書メーター
 
Categories

Return to page top